初めてのパン作りブログでタグ「パン作りのコツ、パン作りの基本、パン作りのブログ」が付けられているもの

~仕込み水の温度は大切!~

失敗しないためのコツを紹介していきます。

 

パン作りに失敗しないための大切なポイントは、

仕込み水の温度です。

 

 

仕込み水のサムネール画像

 

パン作りには、牛乳なりぬるま湯を

イーストめがけて注ぎ込むのですが、

その温度がイーストの働きにとても重要なのです!!

 

イーストは、

45度以上の熱さで死んでしまいます(*_*)

35度以下だと働きが鈍くなります

 

38度~40度が、

イーストがもっとも元気に

働いてくれる温度なのです。

イースト君!

 

ちょうど お風呂のお湯の温度と同じです。

ぬるま湯の中へ人差し指を入れたとき

「ぬるいなぁ~」という感覚です。

微妙な表現で分かりづらいよぉヾ(--;) というあなた、

熱くなければ大丈夫!!

そして冷たくなければ大丈夫。ъ( ゜ー^)イェー♪

 

以前、卵を使ったパンを作ったときに、

冷蔵庫から出したての冷たい卵をそのまま使ってしまい、

イーストが全く働かず、(* ̄□ ̄*;

全くふくらまないカチカチのパンが

出来上がったことがありました。

 カチカチのパン ←そのパンがこれです。

固いパンはパサパサしてるから、

ん~、やっぱおいしくない(^^;)

 

※卵を使用する際は、

  冷蔵庫から出して、10分たってから使いましょう

 

※牛乳を使用する際は、

  1回沸騰させてから使いましょう。

 

プロフィール

パン作りに目覚めた主婦がイースト菌と格闘しながらつづるノウハウ日記です。

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • ivedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

このサイトを購読する

月別アーカイブ

スポンサードリンク



2019年11月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30